彦根采访100人

2014.02.21

13 Comment

年轻的报社小社长—奥村飒太同学

采访:2014年1月28日

年轻的报社小社长—奥村飒太同学

  这次,我采访了彦根东高中新闻部的部长,奥村飒太同学。所谓的新闻部也就是我们所说的学校报社。日本的学校一般都有社团活动,从美术社,音乐社等等文艺方面的,到篮球,足球等等运动方面的,一应俱全。这次我采访的新闻部也是其中的一个。现在一年级有9人,二年级有14人。这次我去采访的时候大多数的报社成员都在,可以感受到舍内的气氛非常的融洽。

 

  彦根东高中的学校报社发行的报纸从选材,采访,编辑,到排版,设计,印刷全部都是由学生自己进行的。制作方法也是由高年级的老学生教低年级的新入生,一代一代传下来的。每刊报纸一般都会发行1600部左右,每次发行后,免费发给校内学生和老师,还有住在附近的人。同时还会在网上发布网络版。

  关于报纸的选材,奥村同学觉得,一定要选择在校学生感兴趣的话题。在讨论选材时,有时候因为觉得内容不会受学生欢迎,而驳回一些提议。但是基本上大多数的选题都是大家一起讨论而决定的。

 

  奥村同学至今印象最深的一次报纸发行是他们学校参加甲子园时候的特辑。那一天,彦根东高中的棒球队在滋贺县大津的皇子山球场参加了最关键的一场比赛。因为只要赢了这场比赛,就可以首次进入甲子园参加全国大赛了。甲子园是日本所有高中棒球队员的梦想,也是学校的光荣,所以全校师生都期待着他们的凯旋而归。奥村同学所在的报社也是一样。除此之外,他们还有一项艰巨的任务,就是更早更快的把比赛进程随时做成号外发给学校的同学们。光是在这一天内,他们就发行了4部号外!

  当天,他们在皇子山球场附近借了一间小办公室,把电脑,打印机全部搬到了那里,做了一间临时编辑室。只留了两三个记者在编辑室里编辑,其他的社员全部都去了球场照相,大家照到好照片以后立刻送去编辑室。那天正好还下着大雨,为了让大家看到更好更新的号外,报社成员们在雨中奔跑于球场和临时编辑室之间。

 

  奥村同学的爱好是音乐。他经常会去买自己喜欢的歌手的CD,在业余时间听音乐放松自己。他最喜欢的歌手是日本的创作型歌手福山雅治。奥村同学说,福山雅治的歌他基本上都会唱,而且还经常在KTV唱给大家听。除了音乐以外,奥村同学还特别喜欢读报纸,自从当上了学校报社的社长以后,他读的报纸的种类更多了,还会从中学习各类报纸的排版和写作方式。真不愧是报社的小社长!

  彦根东高中是滋贺县数一数二的重点学校。奥村同学今年高中二年级,明年就要参加高考了。每天的社团活动结束后,他回到家,直到睡觉,每天都会学习两三个小时。他说想考教育类的大学,将来有机会的话想当一名老师。虽然现在在学校报社制作很正式的报纸,但是以后并不一定从事有关报纸类的工作。他说兴趣和工作是两码事。

 

  奥村同学目前还没有去过中国,也没有太多和中国人的接触。但是他说,以后有机会很想去中国旅游。因为他很喜欢吃中国菜,想去中国吃各式各样的中国菜。当我问到他对中国人的印象时,他说,感觉中国人的性格都很开朗,不像日本人那么内向。
欢迎奥村同学有机会一定要来中国旅游,尝尝多种多样的好吃的中国菜!

 

IMG_0361_副本



インタビュー:2014年1月28日

高校生 新聞を作る! 彦根東高校新聞部部長 奥村君に聞く

 今回、私達のインタビューに応じてくれたのは、彦根東高校新聞部の部長の、奥村颯太君です。「新聞部」というのは、中国でいわゆる「学校报社」のようなものです。日本の学校では、クラブ活動に参加している生徒が多くいます。クラブ活動にも、美術部や音楽部などの文化系のものと、バスケットボール部、サッカー部などの運動系のものがあります。今回、私がインタビューした新聞部には、1年生が9人、2年生が14人います。私が取材を行なった日はほとんどの部員が部室で活動していて和気藹々な雰囲気です。

 

 彦根東高校の新聞部で発行される新聞は、題材選び、取材、編集から、デザイン、印刷まで、生徒が行っています。新聞の制作方法は先輩が後輩に教えています。新聞は毎回1600部ほど発行され、校内や地域の方に無料で配布しています。同時に、速報はネット版も発行しています。

 新聞のネタについては、奥村君は自分のこだわりがあります。「生徒に読んでもらえる新聞」をモットーにしています。案が挙がって生徒に向かないと思ったら却下することもあります。基本的には、みんなで話し合って決めています。

 

 奥村君が今まで一番印象深かった記事は、彦根東高校が夏の甲子園選抜に出る時の特集です。彦根東高校は、県大会で決勝戦まで勝ち抜き、滋賀県大津市の皇子山球場でとても重要な一戦に挑んでいました。その試合に勝てば、初めて甲子園に行くことができます。甲子園は、日本のすべての高校球児が目指す舞台で、彼らの夢です。そして甲子園に行くことができれば、学校の誇りでもあります。彦根東高校も、全校をあげて応援していました。奥村君が所属する新聞部も勿論その一員です。それ以外に、彼らにはもう一つの任務が与えられていました。それは、一刻も早く試合の様子を速報新聞にしてみんなに伝えることです。その1日だけで、4号を発行しました。

 その日、彼らは皇子山球場の近くに部屋を借りて、パソコンやプリンタを持ち込んで臨時編集室を作りました。記者が2、3人編集室にいて他の部員はみんな球場で写真を撮っていました。いい写真が撮れたらすぐに編集室に持って行きました。あいにくその日は大雨で、みんなは雨の中で球場と編集室の間を走っていました。

 

 奥村君の趣味は音楽です。普段は好きなアーティストのCDを買うことも多く、勉強の合間に聞いてリラックスしています。奥村君の一番好きなアーティストは日本のシンガーソングライターの福山雅治さんです。福山さんの歌はほとんど歌えるそうで、よくカラオケで歌います。音楽以外は、新聞を読むことも奥村君の趣味の一つです。もともと新聞を読むのがすごく好きで、新聞部の部長になってからは更にいろんな種類の新聞を読むようになり、そこから、新聞の独特の表現の仕方や、ページのデザインを勉強しています。さすが新聞部の部長ですね!

 彦根東高校は滋賀県で有数の進学校です。奥村君は現在、高校2年生で来年は大学受験を控えています。部活が終わって家に帰ると寝るまで毎日2、3時間勉強しています。将来は、教育学部に入り出来れば先生になりたいと思っています。今は部活の新聞製作に集中していますが、必ずしも新聞関係の仕事に就職したい訳ではありません。奥村君は趣味と仕事は別のものだと考えています。

 

 奥村君は今まで中国に行ったことがなく、中国人と交流を持ったことも余りないということです。でも機会があれば、ぜひ中国に旅行に行きたいと言っています。中華料理も大好きで、中国に行って本場の中華料理をいっぱい食べたいそうです。中国人に対する印象を、明るくて日本人のように内気な人は少ないと語ってくれました。

 奥村君、機会があれば、ぜひ中国に旅行に来て美味しい中華料理をお腹いっぱい食べてくださいね!

 

笔者:趙佳易

有 13 条评论 “年轻的报社小社长—奥村飒太同学

  1. 匿名

    不错!希望看到更多的采访。欢迎小同学来中国玩!

    回复
  2. chok

    かわいい!奥村君はかわいい!取材する趙佳易もかわいい!趙佳易さんは日本語が日本人よりも流暢ですね!

    回复
  3. kyou

    妹子应变能力很强~活跃气氛什么的很拿手的样子~连那么腼腆的少年都被带出了很多话wwww

    回复
  4. 朝倉

     インタビューを見て、あまり立派な大人になりましたので、驚きました。また、大変美しくなったことにも驚きました。小さなインタビューの日中友好が、やがて大きな輪になって広がっていくと思います。がんばれ、かいちゃん。

    回复

我来说一句