彦根采访100人

2013.12.16

16 Comment

文武双全――志萱先生

采访: 2013年10月28日

“文武双全”的志萱先生

 这回,我采访的对象是志萱州朗先生。
 志萱先生在我所属的中文会里学习中文。我和志萱先生是在中文会举办的饺子会上初次见面的。当时只是认为笑眯眯地志萱先生跟周围温柔的日本朋友一样,但稍稍聊了一会儿以后,我才发现志萱先生是又能讲流利的中文,也精通美术的多才多艺的大叔。不仅如此,通过这次采访我发现志萱先生还有更广泛的爱好。
 志萱先生是土生土长的彦根市市民。大学是在东京上的,念了4年的美术,毕业后就回到了故乡。我问他为什么要回到故乡,志萱先生说:“都市的生活确实很有魅力,但是我考了滋贺县的教师录取考试,于是就回来了,成了这里的中学美术老师。”而且,志萱先生自己觉得他回来虽然有对琵琶湖的喜爱之情一,但更多的是因为自己肩负着作为农村里一名长子的责任,一直谨记着自己要继承家业和土地的重任。因此,志萱先生现在仍然在彦根市的中学上班。
 志萱先生一边教书,一边在不断地进行雕刻制作。他非常喜欢中国的美术,特别对兵马俑和佛像很感兴趣,而且他还想去看一下中国的丝绸之路。假期时,只要有时间他就会创作一些作品,或是进行长跑,冬天就会去滑滑雪。
 我完全没有想到志萱先生对那些那么费体力的运动会感兴趣,于是就问了一下原因。志萱先生说他很喜欢活动身体,中学,高中,大学时期,他参加过足球,空手道,滑雪等。
 现在志萱先生享受长跑的原因,主要是因为长跑是一项只要想到了就能随时随地进行的运动。确实,跑的时候会很辛苦,但是一旦你越过了那个壁障,就会有说不出的好心情。特别是你一边跑一边感受着来自琵琶湖的微风,志萱先生认为这是一件非常美好的事。
 另一方面,对于滑雪,志萱先生觉得置身在纯白的雪景中,是极具魅力的一件事。而且,当你从斜坡一口气滑下来时,那种畅快感是无法用言语表达的。虽然他的年纪在不断变大,跑步,滑雪的状态不能像以前那样了,但是志萱先生想一边发掘56岁的自己,一边享受今后的运动。
 我问了志萱先生为什么能那么乐观,充满活力地不断地坚持做自己喜欢的事,他回答我说:“无论是雕刻制作也好,运动也好,通过这些活动能让我和更多地人交朋友,我想这是让我持续做这些活动的原动力。”
 当然,志萱先生也很喜欢中国菜。实际上,在他学生时代时,曾在四川餐馆打过工。志萱先生这样说“生平第一次吃担担面时,觉得非常地美味,但是由于太辣了喝不了那个汤。但是通过在那里打工,我慢慢地变得喜欢吃辣的东西了。现在特别喜欢吃回锅肉,宫保鸡丁,麻婆豆腐。”
 最后,志萱先生希望能通过学习中国的文化和语言,来结交更多的中国朋友,并开拓自己的眼界。朋友们,让我们和拥有着教师,艺术家,运动家多重身份的“文武兼备”的志萱先生成为朋友吧!


インタビュー: 2013年10月28日

「文武両道」に優れている男――志萱さん

 今回、私がインタビューした人は志萱州朗(しがや くにあき)さんという方です。
志萱さんは私が所属している彦根中国語会で中国語を勉強なさっています。志萱さんとの初対面は中国語会が主催した餃子会でした。にこにこしていた志萱さんは周りのやさしい日本人の方と同じだと思っていましたが、少し話をした後、志萱さんは中国語がぺらぺらでしゃべれるし、美術にも精通する多芸多才な人です。それ以外に志萱さんはもっと広い趣味を持っています。
 志萱さんは彦根市に生まれ、育ちました。東京の大学で4年間、美術を学んだ後、故郷に帰りました。なぜ故郷に戻ったのですかと聞いたら、「都会での暮らしはとても魅力的でしたが、滋賀県の教員採用試験を受け合格したので故郷に戻って中学校の美術教師をすることにしました。」と答えてくれました。そして、志萱さんは琵琶湖が好きということもありましたが、やはり、田舎の長男として家や土地を引き継いでいくことにこだわったのだと思っています。志萱さんは現在も彦根市の中学校に勤務しています。
 志萱さんは教師をしながら、彫刻の制作を続けています。彼は中国の美術が大好きで特に兵馬俑や仏像に興味があり、シルクロードにも行ってみたいと思っています。休日は時間があれば作品を作っています。また、マラソンをしたり、冬はスキーをしたりします。
 私は志萱さんがそんな厳しいスポーツが好きだとは全然思わなかったです。その理由を聞くと、志萱さんは身体を動かすことは大好きで、中学生・高校生・大学生の時は、サッカー、空手、スキーなどを楽しんでいたということです。
 現在、マラソンを楽しんでいるのは、やりたい時に自由に楽しめるからです。走っている時は辛くなりますが、その壁を越えてしまうとなんとも言えないいい気持ちになれるそうです。特に、琵琶湖からの風を感じながら走るのは、とてもいいものだと思っています。
 一方、志萱さんはスキーに対して、真っ白な雪景色の中に、身を置けることが魅力なことだと考えています。それと、斜面を一気に滑り降りる爽快感が、なんとも言えません。年を重ねて、走ることも、滑ることも以前のようにいきませんが、56歳の自分自身を見つめながら、これからもスポーツを楽しんでいきたいと思っています。
 志萱さんがそんなに楽観的で、元気で好きなことをやり続けられる理由を聞いたら、「彫刻の制作も、スポーツも、それを通じて多くの人と交友できることが、その活動を続けることのできる原動力になっていると思います。」と答えてくれました。
 もちろん、志萱さんは中国料理も大好きです。実は彼の学生時代は、四川料理のレストランでアルバイトをしていました。「生まれて初めて担々麺を食べて、美味しかったのですが、あまりの辛さにスープは飲めませんでした。しかし、バイトを通じて次第に辛いものが好きになりました。今では、回鍋肉・宮保鶏丁・麻婆豆腐などが特に好きです。」と言ってくれました。
 最後、志萱さんは中国の文化を学んだり、言葉を学んだりして、更に、中国の人たちと交流して、自分の視野を広げていきたいと考えています。皆さん、このような教師、芸術家、スポーツ家という多彩な面を持っている文武両道の志萱さんと友達になりましょう。

shigaya2

笔者:应 维红

有 16 条评论 “文武双全――志萱先生

  1. 海定波宁

    我是一个美术生,虽然不知道日本的美术是怎么样的,但对于中国的美术还是略知一二。上面视频所谈到的兵马俑,我觉得这只体现了国粹艺术中的一角篇章,绚丽的瓷器艺术我认为也能为志萱先生对于雕塑的创作有所帮助。原本创作就是在冲突碰撞中交织诞生,融合与独立也是对于艺术的尊重。我认为志萱先生是一个对于艺术创作有着自身独特想法并能融入自我创作中的人,希望以后还可以看到先生新的更好更具风格的作品!

    回复
  2. 叫我红领巾不用谢

    我是做设计的 我觉得艺术是体现人文最高尚的一面 希望以后可以看到先生更加优秀的作品

    回复
  3. 譕憫

    中国的艺术还有很多的体现形式,欢迎志萱先生来中国接触更多的中国文化,塑造更好的作品哦

    回复
    1. 应 维红应 维红 投稿作成者

      让你见笑了,当时内心紧张的要命,头脑时常处于空白状态,但还得撑下去。。。

      回复
  4. 小红,看了你的访问,实在是太感动了。不是因为内容,而是因为看理想变成现实,觉得很赞。加油!

    回复
    1. 应 维红应 维红 投稿作成者

      呵呵,那多亏了番茄先生的坚持啊!如果这个活动早点开始的话,应该是你去采访的,看我现在都丢大发了。。。

      回复
  5. colafox

    志萱先生、素晴らしいですよ。

    今、中国の中学生たちは美術や芸術の科目をほとんどやっていないこと、皆良い高校に行くために「応試教育」を受けていること、ご存知でしょうか。

    でも、北京や上海のような都会に日本語を勉強している中学校もあるようです。

    もし機会があれば、中国の子供たちにいろいろ教えてあげていただければと思います。

    次回、皆さんが西安に来られたら、案内させてください。

    回复
    1. 志萱州朗

       ありがとうございます。
      「応試教育」については、留学生の方に教えていただきました。
       それ故、美術の授業を通じて、私は生徒たちに知識だけでなく、感動をも伝えたいと考えています。
       中国の子供たちと、制作を通じて交流できれば嬉しいです。
       彦根中国語会のメンバーで、是非とも西安に行きたいです。そのときはよろしくお願い致します。

      回复
  6. 应 维红应 维红 投稿作成者

    谢谢给志萱先生留言的朋友们,虽然志萱先生很想和大家交流,但是因为还在学习中文输入法中,不太会打中文,所以回复不了大家的留言。但在此暂由我代替志萱先生先谢谢大家对他的支持及鼓励,志萱先生也会更加加油的!谢谢大家!

    回复

我来说一句