彦根采访100人

2016.07.22

No Comments

付麗(滋贺大学)

 大家好,我是付丽。“付”是我的姓,“丽”是我的名。因为我的父母想让我成为一个颜值高且心地善良的人,所以给我起了这个名字。窃以为自己长得还算对得起父母的期望。

 我来自中国的河南省。河南省虽然不像北京和上海一样经济发达,但历史悠久,是中华文明的发祥地之一。大家应该都听说过中国古代的四大发明吧。其中的“指南针”,“火药”和“纸”均造于河南。河南有很多历史遗迹,举世闻名的少林寺也在河南。

 我是滋贺大学经济学部企业经营专业的二年级的学生。现在住在彦根。来彦根之前,我在大阪住了一年半左右。因为自己喜欢安静,所以比起大阪我更喜欢彦根。我想好好地在这个安静闲适的城下町里度过自己丰富多彩的大学生活。


 皆さん、今日は。私は付麗と申します。「付」は苗字で、「麗」は名前です。両親は、心も顔も綺麗な人になるようにという願いを込めて、この名をつけてくれました。まあ、一応両親の望み通りに成長してきたと、自分では思いますが…。

 私は中国の河南省から来ました。河南省は北京や上海のような経済発展地域ではありませんが、中華文明の発祥地の一つで、長い歴史を持っています。中国古代四大発明をご存じでしょう。その中の「羅針盤」、「火薬」、「紙」は河南省で作られました。河南省には歴史遺跡が沢山あって、世界で有名な少林寺も河南省にあります。

 私は現在、滋賀大学経済学部企業経営学科の二回生です。今、彦根に住んでいます。彦根に来る前は大阪に一年半ぐらい住んでいました。私は静かなところが好きですので、大阪より彦根のほうが好きです。この静かな城下町で豊かな大学生活を送っていきたいと思います。

 

我来说一句